いわて将棋館 Tsudaka blog

趣味の延長線上のことや昔話他日々の喜怒哀楽等あれやこれや発信します('ω')ノ 棋譜鑑賞のパソコン推奨ブラウザはedgeです。

◎ お知らせ

長い期間ネットの無い環境に仮住まいし、マメな更新ができませんでしたが
令和3年10/22夕刻より、ネット開通する予定ですので宜しくお願いします。

昔の話

この方にお会いしてみたい

今朝、何気にネット検索していて偶然にヒットしたこの方👇に

https://hitosara.com/0006129643/person.html

何時か是非お会いして、お話を聞いて見たいな~と思った。


コロナが完全終息したなら、奈良→姫路経由で行ってみるか(';')

それこそ終息なんて
何時になるか判らないから
現状ではアテのない夢か

手相占い

サラリーマン現役時代、4年9ケ月ほど
八戸市に転勤し在住していたことがある。

その時の思い出は公私に亘り数々あるけれど
長横町にある寿司屋に、接待の流れで行ったときに
そこのおかみさんに、手相占いを
してもらったことが何気に忘れられない。

素人だから鑑定なんて言えばちと大袈裟かもだが
おかみさんは俺の手を観ながら、次々と淀みなく
ズバズバとあてられてしまい、もう白目悶絶級で
泡を噴いて倒れそうだった(;^ω^)

占いの類は何であれ、当たるも八卦・当たらぬも八卦の世界
に過ぎない程度に考えていたがこの一件で
先人の知恵とはつくづく無碍にはできないものだな・・に変わっていた。

何と言う店かも、今やもうとっくに忘れたけれど
いつか機会があれば、長横町探してでも
もう一回見てもらいたいものだな~とツラツラ思っている。

そうか何気に忘れられないその理由は
最後の言葉が、特に強烈に印象に残ったから、かも知れませんね
それは・・・

旅行は1度で3回楽しめる

私が趣味は何?と聞かれて、いの一番に応えるのは旅行が定番です。

先ずはどこへ行こうか・・と計画を立てる段階の楽しみが1
次に実際行動し現地観光する楽しみが2
そして帰ってから後々、写真整理をしたり思い出を語ったり・・・とこれが3
どんな旅行でもこの3点セットのあることが何とも私は面白いし嬉しい

ちょっとニュアンスは違うけれども将棋の、
序盤・・中盤・・終盤みたいな類かなと言えなくもない

でも意外と計画段階では、あまり現地のことは調べない主義である。
なぜなら、知り過ぎてしまうと、感動が薄れてしまうような気がするからです。

2002年だから今から18年前、エジプトに行った時も
旅行会社へお任せで殆ど下調べはしなかった。

ただ一つだけしたのは、ギザのクフ王のピラミッド前では
どうしたら、うまく人物を入れて写真を撮れるのだろうか・・ということだけだった。

その結果がこれ👇だがお判りになるだろうか?

93995843_org



















撮影ポイント

①稜線をバックに撮影すれば良い、ということでしたので三脚立ててタイマーでパシャ!

②偶然ですが、両脇に人が写り込みましたので、遠近感とピラミッドの対比
 が出来るとても良い写真になったと自画自賛です。

 ※この稜線は昔登攀禁止されていない時のルートでした。

それにしてもこれは、仕事現役引退して3ケ月目の旅行でしたが
この時も家人は、本当に快く送り出してくれたことは
いまだに忘れられない有難き思い出だ。



いやもう18年前か・・へーまだ髪の毛有ったんだねー( *´艸`)

東北大震災の丁度1週間前

2011年(平成23年)3月11日に突然発生した
あの東北大震災の丁度1週間前に
たまに大船渡方面にでもドライブするか
ということで、家人と2人で出かけた。

以前から予定していたということではなくて
本当に当日の朝、私が深く考えもせず何気に言ったのでしたが
たまに良いねと軽くオッケーが出て行ったのです。

その丁度1週間後に、まさかのあの大地震と大津波になるとは
夢にも思ってもおりませんでした。

もしあの当日に行ってたら、碁石海岸とか海辺のほうで
しばらく散策したりしてましたから
へたすると津波に飲み込まれていたかも知れなな
としばらくの間背筋が凍り付きましたね。

DSC_0362



































今 居間で咲いている椿は👆その時に世界の椿館・碁石で買って
来たものです。

DSC_0363




淡いピンク色がとても上品で、毎年この真冬に楽しませてくれますが
大震災のことを考えると、たまに切ない微妙な思いになるときもある。







毎年春先には鉢から花壇に、そして初冬には花壇から鉢上げして
部屋で越冬を繰り返しもう9年です。

そのせいなのか判らないけれども、さっぱり太くも背丈も伸びないでいる。

1995年だったかな

アメリカに渡った時、シカゴでスパイダーマンに会ったけな(笑)

IMG_20191021_111933






























人形じゃないから結構迫力あったね
今日アルバム整理をしていたら出て来た👆
  


そう言えば同じイベント会場でこの人から生サイン貰ったな
てか誰なんでせう( ゚Д゚)この人

IMG_20190819_155744
















今日Twitterでも紹介したけど、このアメリカ行きで
の大アクシデントはこれ👇

IMG_20191021_112928



































これはスミソニアン博物館の正面にある美術館なんだけど
ここに一人で入館して夢中になって鑑賞しているうちに
正面玄関出入り口がまるっきり判らなくりエライ目にあったことがある。

展示部屋が多くつながっていて、更に部屋には四方八方から出入りできるため
迷ってしまいいやはや出ようとして必死こいて
聞くも何も英語が話せないときたもんだ((+_+))で1時間近くの堂々巡り 

まっ 今となれば冷や汗ものだけれど良い思い出だな

有名人との記念shot

脚本家の内館牧子先生との1枚です。


IMG_20190819_145836


































一時期、横綱審議委員として、朝青竜の天敵みたいと評され有名となりましたが
実際の先生は、偉ぶるようなところは一切ありませんし
非常にソフトな方で、むしろ男性を立てる方です。

色々な小説やエッセイ等、多数の作品を著作されているけれど
共通することは、非常に判りやすいというか、読みやすい文体文章というか
とにかく一気読みしたくなるようかなものばかりです。

吉村作治先生  先崎 学先生 そしてこの内館牧子先生の3人が
小生から言わせれば、そういう類の先生方で一押しです。


最近作の すぐ死ぬんだからは、まだ読んでいない

この話のその後は?

  昨年8/26付新聞でこんな記事があった↓がご存知だろうか?

IMG_20190706_204827



















JR西の時速300キロ近接体験研修というやつだ( ゚Д゚)

これを見たときには、部外者で全く関係はない立場であるが
もう怒りを通り越して呆れかえってしまった。
しかし・・いまだにどう考えてもあり得ないし解せない

誰が考えたって行き過ぎた研修であり、実際受けた方々は恐怖はいかばかりで
あったろうなと心からの同情を禁じ得なかった。

しかし素人が考えたって、風圧や気圧や衝撃波で相当なダメージが
心身にかかったことでしよう。
精神を病んだ人がいないことを祈るだけです。

あれから約1年経過したのですが、あれから一体どうなっているのでしょう?
廃止になっていればそれで良いのですがその後の
情報をお持ちの方はコメントつけてもらえれば幸いです。


(JR東でなくて本当に良かった(´▽`) ホッとしています)






昔の子どもらは

昔の子どもらは、敢えて教えてもらわなくても
縁台将棋を傍で見ているだけで自然に覚えたものです。

そういえば、自分も誰かに教わった・・という記憶は全くない

当時も道場はあったものの、煙草の煙がもうもう、それこそ賭け将棋全盛時代で
オドロオドロしい場所、とても青少年が行けるようなところではなかった。

それを思うと今は隔世の感ですが、それにしても自分が、
今そんな業界を泳いで席主をしているなんて本当に考えられない。
運命のいたずらと言っても決して過言ではないと思う。


今日の新聞でこれ↓は素晴らしいgoodアイデァだと思いましたね☆

IMG_20190625_081406



















拡大解釈すると縁台将棋ならぬ、窓際碁みたいなものですから、
結構普及効果あるような気がします。

吾輩も、子どもらの大会を、イオンのカルチャーセンターのホールを
借り切って、何度かやったことがあるが、結構外から見られ少なからず
実感したものですが、今はもうあのときのパワーはどこえやらで萎えてしまった(+o+)



高校時代の同級会

もう卒業して54~5年になるのかなぁ・・
遠い遠い昔の話になったけど、いまだに年3~4回
クラス会をやって旧交暖めている親友が6人ほどいる。

上田の県立中央病院は昔専売公社のたばこ工場でしたが
学校はその真ん前にありました↓
かなり以前(羽場のほうに移転し、現在は杜陵高校が建っています)

IMG_20190617_180408



















恩師はこの学校の校章をデザインした美術と英語の教師でしたが
子どものいない先生だったので、生徒たちを大変可愛がってくれた先生でした。
そのおかげで良い級友にも恵まれ、現在に至っているものと皆で思っている。

今週20日には、今年2回目になる集まりを、もうけることになっており
万年幹事としては、予約やら連絡やらの段取りは既に済ませてある。

実話このクラス会には、世にも奇妙な物語が1つ存在しているのだが
事情を知っているのでは?と思しき級友が、
2年前に残念ながら鬼籍に入ってしまったので
まっ 今更の話だから、このままそっとしおこうよ・・ということで、暗黙の了解となっている。

しかし、それにしても、皆が知っていて実話その先(?_?)ということは存在するんですねぇ・・



大袈裟ながら奇跡では☆彡

滝沢村村民登山なるものがあって参加したことがあった。
これは毎年恒例で、岩手山へということになっていた。
それまで知ってはいたが参加したことがなく2005年に初参加した。

20代の頃に網張側からロープウェイを使って、鬼が城経由で登った
経験はあったが、馬返しのメーンコースはこれが初めてでした。

この時の思い出話は色々あるけれど、今日はその内の1つだけ
紹介したい。


とにかく↓の写真を見て下さいな                                  

81762892_org



















8合目の山小屋の水場で小休止していたら、オニヤンマが飛び回っていた。
高地のせいか少しゆっくりだったので、普通の赤トンボを止まらせるような
感じで指を出していたら、何とスーーっと飛んで来てチョンと止まったんですよ
いやはや吃驚仰天だった。

何か良いことでもある吉兆では?なんて思ったけれど
その後も特段なんもなかったね~(笑)
むしろ下山は、ほうほうの体たらくとなり、自衛隊員さんには大変お世話に
なりました(*´Д`)

この写真を見るたびに、そんなこんな登山の思い出が鮮明に蘇る・・・けれど
どうやってこのシャッター切ったのか?はいくら考えてもまるで思い出せない(+o+) 

     ご挨拶

こんにちは!いつもアクセスありがとうございます。
将棋クラブのいわて棋楽会と
(日将連)盛岡北支部道場を主宰しています。
同好の皆さんと気軽に交流出来れば幸いです。

HP&Twitterアカウント
    カウントUP
ギャラリー
  • 同門‣同名同士の対局スナップMovie
  • 対局時計を使用するとこうも違う
  • じっくり派対パッパカ派
  • これから住宅を考える方に
  • 三盤将棋で効率研鑽
  • 1局ごとに強くなってゆく(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
    ニコニコ動画
     プロフィール

Tsudaka.Masao

◎役職 いわて将棋館席主
(日将連)盛岡北支部支部長
盛工岡本会 事務局長

◎趣味 旅行/温泉/美術館・博物館巡り/
    オセロ/将棋好きな人が好き 
◎興味 古代エジプト文明/縄文時代/土偶収集     アールヌーボー
◎好物 寿司/焼肉/冷麺/
◎特技 姓名判断

    活動場所
〒020-0638

滝沢市土沢268-1

いわて将棋館内

毎週土曜日13時~19時


◎いわて棋楽会将棋クラブ

◎(日将連)盛岡北支部道場
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2019/3/5 start
毎日更新頑張ります!!

  スマホ閲覧用QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ